fic-tion’s diary 

このブログはFact(事実)でありFiction(フィクション)である 日々の生活を深く観察して事実なのか?フィクションなのか?を楽しく発信しています。

ありのママ

大発見しました。

短編小説:ありのママ 美姫さんvs衣類 今回の登場人物紹介 ショウ:小学六年生の男の子美姫さん:ショウくんの母親。お父さん(こうちゃん):ショウくんの父親。 「美姫さん、その足なに?穴が開いているんなら捨てようよ。」とお父さんが言う。 美姫さんが…

大掃除はお任せあれ。

短編小説:ありのママ 美姫さんvs大掃除 今回の登場人物紹介 ショウ:小学六年生の男の子美姫さん:ショウくんの母親。お父さん(こうちゃん):ショウくんの父親。 寒くなってくると、美姫さんの動きはさらに鈍くなっていく。 ただ、うちの中は寒くない。美…

究極のアンチエイジング?

短編小説:ありのママ 美姫さん流アンチエイジング法 今回の登場人物紹介 ショウ:小学六年生の男の子美姫さん:ショウくんの母親。よろず屋美姫もしている。康夫さん:美姫さんと一緒によろず屋美姫で働いている人。美姫さんの幼馴染の夫。 「ショウ。聞い…

成長してますか?!

短編小説:ありのママ 美姫さんvs成長 今回の登場人物紹介 ショウ:小学六年生の男の子美姫さん:ショウくんの母親 「ショウ。あのさ、【寝る子は育つ】ってことわざがあるでしょ」と美姫さんが僕に言ってきた。 「うん。あるね」と僕。 「寝てるだけで育つ…

蛙の子は蛙。

短編小説:ありのママ 美姫さんvs僕 今回の登場人物紹介 ショウ:小学六年生の男の子美姫さん:ショウくんの母親 学校の宿題をしているときに分からない問題が出てきた。 「美姫さん。これ教えて。」と僕がソファーにダラッとしている美姫さんに言う。 「ど…

夫婦の形は様々。

短編小説:ありのママ 美姫さんとお父さん 今回の登場人物紹介 ショウ:小学六年生の男の子美姫さん:ショウくんの母親お父さん(こうちゃん):ショウくんの父親 日曜日の朝、僕が起きてきてリビングに行くととっても珍しい光景を目にした。 「美姫さん。い…

歴史も変わるのです。

短編小説:ありのママ 美姫さんvs歴史 今回の登場人物紹介 ショウ:小学六年生の男の子美姫さん:ショウくんの母親お父さん(こうちゃん):ショウくんの父親 お父さんが戸棚で何かを探している。 「ここにお菓子を買って置いてたと思うんだけど、無いんだ。…

みんな招待の対象です。

短編小説 ありのママ第146話 美姫さんvsおもてなし 今回の登場人物紹介 ショウ:小学六年生の男の子美姫さん:ショウくんの母親お父さん(こうちゃん):ショウくんのお父さん 美姫さんが、テレビを真面目に見てるなぁ〜と思っていると 「こうちゃん、何で…

How old are you?! 

短編小説:ありのママ 145話 美姫さんvs年齢 今回の登場人物紹介 ショウ:小学六年生の男の子美姫さん:ショウくんの母親お父さん(こうちゃん):ショウくんの父親 「あのさー、美姫さんって何歳?」と僕が聞く。 今日、学校でみんながお母さんの歳を言いあっ…

画期的な片付け術?

短編小説:ありのママ 美姫さんvs片付け 今回の登場人物紹介 ショウ:小学六年生の男の子美姫さん:ショウくんの母親お父さん(こうちゃん):ショウくんの父親 週末お父さんがクローゼットの片付けをしていた。 「美姫さん、美姫さんの服がたくさんあるんだけ…

子どもに有害なものとは

ありのママ 第143話 美姫さんvs有害なモノ ある日の昼下がりー。 リビングでダラダラと過ごしていた僕たち。美姫さんはネットサーフィンしていた。 「あのさー、昔のアニメは内容が変えられてて、ネットにはフィルターをかけろとか、子どもに見せたくないテ…

人と比べるうちはまだ青いんでしょうね

ありのママ 勝ち組vs負け組 「美姫さんって、勝ち組だと思う?負け組だと思う?。」と僕が言うと 「勝ち組に決まってるじゃん。ショウも勝ち組だよ」と美姫さん 「えっ?僕は今からだから、勝ち組か負け組か分からないよ。」と僕。 すると「ショウ、ショウ…

美姫さんが料理をするという事は……

ありのママ 第141話 美姫さんvs料理2 「よぉーし。仕方が無い。まさおくんの所に行くか。」と美姫さんが言いだした。 「どうしたの?」と僕はビックリする。 美姫さんは、なにかない限り自分の実家に帰らない。 「欲しいものがあるんだ~。」と美姫さん。 …

個人情報は簡単に話してはいけません

短編小説 第140話 美姫さんvs個人情報 ある日、ショッピングモール内で美姫さんが立ち止まる。 「どうしたの」と僕が聞くと 「あそこの勧誘スペースで貰えるタオルが欲しい」と美姫さん。 よく見ると美姫さんの好きなキャラクターとのコラボ商品だった。 「…

騙されてはいけません。

ありのママ 第139話 美姫さんvs悪徳サイト ありのママ 登場人物紹介 はこちらから 皆さん、こんばんは。 今日は少し難しい話なので康夫*1がお届けします。 それは、私の友人が私に相談に来たことから始まりました。 「はぁ~」友人は深いため息をつき顔色も…

史上最強の名刺?!

ありのママ 第137話 美姫さんvs名刺 「ただいま~」 僕が学校から帰ってくるなり美姫さんが 「ショウ。見て見て~」と僕に寄ってきた。 いつもはソファーから動かないから、ちょっとビックリする。 「どうしたの?」と僕が聞くと 「名刺作ったの。」とにこや…

あなたは奇跡を知ってますか

ありのママ 第136話 美姫さんvs奇跡 それは、突然おとずれた。 「あら、奥さん。奇跡って見たことあります?」と首・手首・耳とアクセサリーを“ドン”と付けた香りの強いオバサマが美姫さんに声をかける。 家に入る寸前だった。 いつもはインターフォン画面で…

文明開化はいつですか

ありのママ 第135話 美姫さんvs文明 美姫さんは、ものすごい方向音痴。 ある時二人で出掛けた。 で、道に迷った。 「美姫さん、スマホの地図を見ればいいんだよ。」と僕が言うと 「ダメ。そんなのもう古い。」と美姫さん。 と言って、キョロキョロ辺りを見回…

ハロウィンに備えよう

ありのママ 第134話 美姫さんvsハロウィン もうすぐハロウィンだ。 去年、テレビで大騒ぎしている人達を見たけど。 「美姫さん、もうすぐハロウィンだね。今年もさ、大騒ぎする人達がいるかな?」と僕が言うと 「あれは、お菓子をあげなかったから、騒いだん…

落ち込んだり備えたり、人生はいそがしいのです

ありのママ 第133話 超短編集 美姫さんvs落ち込む事 「美姫さんってさ、落ち込む事ある?。」 と僕。 「落ち込む事?。それ、私に聞く?」と美姫さんは言い 「私が落ち込むわけないじゃん。だってさ、落ちる所が無いんだもん。落ち込むってのはさ、出来る人…

名言紹介します

ありのママ 第132話 美姫さんの名言集 「美姫さん、名言ってどんなのがあるか知ってる?」と僕が言うと 「名言?名言ならたくさん知ってるよ。大好きな名言もあるし。」と美姫さん。 そして「斉藤ショウくん、斉藤浩一、マツコ・デラックスさん、ローランド…

あなたの尊敬する人は誰ですか

ありのママ 第131話 美姫さんvs尊敬 学校で自分が尊敬する人を書くというのものがあった。 僕は、【お父さん】と書いた。 家に帰ってから、ふと美姫さんに聞いてみた。 「美姫さんの尊敬する人って誰?。」と僕。 「尊敬する人ね…。」と美姫さんは、しばらく…

その子育て方法、勘違いしてませんか?

ありのママ第130話 美姫さんvs子育て 「ただいま〜。」と僕が言うと 「ただいまじゃないでしょ。」と美姫さん。 は?いつもただいまだけど。 「じゃあ、何て言うの。」と僕が聞くと 「うーん?なんだろう?」と美姫さん。 意味わかんない。 僕は、無視してラ…

生きる為に必要なスキルとは

ありのママ第129話 美姫さんvs野生の勘 家に帰ると美姫さんがいきなり 「ショウ。これから、生き残るために必要な訓練をします。」と言ってきた。 「はぁ。」僕は、つれない返事をする。 僕はランドセルを部屋に置いてリビングに戻る。 いつものようにテーブ…

『とある学生の夏休み』 

ありのママ スピンオフ① とある学生の夏休み ある、暑い夏の日の話だ。 今日は夏休み中の補習日。 せっかくの夏休みなのに……と学校を休みたくなる気持ちを抑えつつ、授業を受け終えた帰り道の出来事。 いつものように太陽で熱された鉄板のような通学路を歩い…

子どもに悪い事を教えてはいけません

ありのママ 第128話 美姫さんとボディペインティング 美姫さんに先日のボディペインティングの話をする。*1 「美姫さん、すごいね。あれ、どこで習ったの?」と僕が聞くと 「あははは。あれね。今から話す事、こうちゃんに内緒にしてくれる?。」と美姫さん…

読書感想文の書き方とは

ありのママ 第127話 美姫さんvs読書感想文 「美姫さん。読書感想文が書けないよ~。」と僕は美姫さんに泣き言を言う。 「読書感想文?そんなのかんたんじゃん。」と美姫さん。 「美姫さんには簡単かもしれないけど、僕には難しいんだよー。」と僕が言うと 「…

2000万円問題、考えます

ありのママ 第126話 美姫さんvs2000万円問題 将来の年金が足りないとテレビのニュースで言っていた。 パッと美姫さんを見る。 ……絶対に考えてないな。と僕は思いながら美姫さんに聞いてみる。 「美姫さん、将来のお金の事とか考えてるの?」と僕。 すると、…

英語は世界共通語です

ありのママ 第125話 美姫さんvs他の国の人 少し涼しくなったので、夏眠*1していた美姫さんが、ようやく外に出る気になってきた。 ブラブラ歩いてると、他の国の人に声をかけられた。 僕は英語はわからない。 美姫さんをチラッとみると、他の国の人の話にうな…

自分の行動スピードって知ってますか?

ありのママ 第124話 美姫さんの行動スピード 美姫さんは、本当にソファーから動かない。 動くといったら、ご飯を食べる時かトイレに行くときか寝る時。 読みたい本があるときも、テレビのリモコンを取ってほしいときもエアコンの温度を変えて欲しいときも全…