短編小説 ありのママ

エイプリールフールの楽しみ方

第35話 美姫さんvsエイプリール

今日は、エイプリルフールだ。

美姫さんの大好きな行事だ。

結婚記念日も「ジャンケンに負けた記念を祝いたくない*1。」、バレンタインデーは「お菓子会社の陰謀だ(自分が貰う立場じゃないから嫌らしい)。」、母の日は「感謝ってものは、人から強制されるものじゃ無いし。」と、全くスルーする。

唯一、プレゼントをもらうのはクリスマス*2だけだ。1年間いい子にしていたご褒美らしい。

まず、4月1日は必ずおじいちゃんちに行く。

美姫さんが自らおじいちゃんちに行く事は無いので、おじいちゃんはとても喜ぶ。

そして美姫さんは、それまでに企業が出したエイプリルフールネタを本当の事のようにおじいちゃんに教える。画像まで見せるからおじいちゃんは本気にする。

今年は、「骨だけケンタッキーが出てるから買ってきて。」とか「この煎餅つきの時計が欲しい」とか「バーミアンで0カロリーの餃子が出てるんだって、どれだけ食べても太らないじゃん。これ食べたい。」と言い、おじいちゃんはいそいそと買いに出かけた。*3

そして、必ずおじいちゃんから「美姫さん、あれはエイプリルフールネタだそうだよ。」と連絡が入る。

それが、何回か繰り返されるというのが、僕の家のエイプリルフールの定番。

おじいちゃん、そろそろ気付こうよ。

まぁ、おじいちゃんは毎年楽しそうだからいいのかもしれないけどね。

おわり

*1:ありのママ  【美姫さんvs結婚編】

 

*2:ありのママ 【美姫さんとサンタクロース編】

 

*3:エイプリルフールネタは、実際に企業が出していたものです

 

おすすめ