fic-tion’s diary フィクションの創作日記

このブログはFact(事実)でありFiction(フィクション)である 日々の生活を深く観察して事実なのか?フィクションなのか?を楽しく発信しています。

【スポンサーリンク】

はしやすめ(映画編)

いつも『ありのママ』を読んでいただきありがとうございます

☆・ブックマーク・コメント等々、励みにしています。

 

今回は、はしやすめ記事です。(私の……すみません。)

 

好きな映画の話について書きたいと思います。

 

その映画とは ハリーポッター です。

ほとんどの方が見たことがあると思いますが、私なりの見解での好きな場面だけ書きたいと思います。

 

以下ネタバレあります。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

言わずと知れた、ファンタジーの傑作だと思いますが、

私の中ではこの映画は『ファンタジー』のジャンルではなくて『恋愛』のジャンルになってます。

 

その中でもハリーポッターシリーズの【死の秘宝part2】は特に好きです。

何度見ても泣ける。泣ける。泣ける。もう、何度見た事か。

 

で、どこが泣けるかと言いますと

 『スネイプ先生の涙の記憶をハリーが見るところ』

です。大好きな場面です。

 

さらにこの中でも

『スネイプ先生がダンブルドア校長にリリーへの想いをたずねられて守護霊を出すところ』

は、特に大好きです。

 

一途に想い続けて、相手には想いは届かなかったけど、それでもなおまだ想い続けているってところが良いです。なんかね、愛が大きいんですよね。そんな人になりたいです。

 

ここだけを何度もリピートして見ています。

スネイプ先生の声のトーン(本人も吹き替えの声優さんも)も良いし、あのゆっくりと話す話し方も良いです。

 

これをふまえて、またシリーズを初めから見ると、また面白い!!

 

スネイプ先生は亡くなってしまうんで、すごくショックなんですけど、なんかとても幸せな気持ちにさせてくれるんです。

最後のハリーの子どもの名前を聞いた時もまた涙です。

 

ハリーポッターシリーズ全般で言ったら、母親の愛ですね。母親の愛は偉大という事を思い知らされます。

そう考えると、ヴォルデモートは少し可哀そうな気もしますが……。

 

ハーマイオニーがロンを一途に想い続けているのもいいですよね。


こんなに好きなのに、原作は読んでないんですよね。。。。

 

 

皆さんが一番好きな映画はなんですか?