fic-tion’s diary フィクションの創作日記

このブログはFact(事実)でありFiction(フィクション)である 日々の生活を深く観察して事実なのか?フィクションなのか?を楽しく発信しています。

【スポンサーリンク】

基本的な季節のアノマリー!FXは面白い!

アノマリーとは、異常という意味を持つ言葉でマーケット(相場)の動きについて合理的な説明ができない現象のことをいいます。「アノマリー現象」ともいいます。


 根拠は無いんですが、相場の参加者の心理がそのまま値動きに反映されるので有名なアノマリーはそれだけでも相場に影響を与えてしまうので覚えておいて損はありません。

 FXでは季節による値動きの傾向もアノマリーとなっていますので、是非参考にして見て下さい。

 

1月のアノマリー
1月の相場の方向感がその1年全体のトレンドになりやすい。

「1月効果」と呼ばれているみたいです。

つまり1月の相場が下がればその年は下降トレンドとなり、上がれば上昇トレンドになりやすいということです。

1年のトレンドを占う大事な月として意識されています。

 


2月のアノマリー

2月は「節分天井、彼岸底」とも言われます。

これには米国債の利払いや、受け取ったドルを円に換える動きやヘッジファンドの決算に関連したポジション解消に向けた動きも影響しています。
なのでドル円に関しては円高になりやすい月とも言われています。

 


3月のアノマリー

3月は円高になる傾向の月となります。

多くの日本企業が決算期になり、保有外貨を円に換える動きをおこなうため、円高となりやすい季節です。

 


4月のアノマリー
4月は決算が終了した影響で円安になりやすいといわれています。

3月に決算用の為、外貨を円に交換してしまった為、取引用に新たに外貨を仕入れる必要があるなど外貨投資に新規の資金が流れてくるため、為替が大きく動く月とも言われています。

 


5月のアノマリー

5月は「SELL IN MAY」が世界的に有名な相場格言となっています。
「SELL IN MAY」とは「Sell in May and go away; don't come back until St Leger day」の略で「5月には全てを売って、Leger day(9月第2土曜日)まで相場に戻って来るな」という意味です。
マーケット全体に売りムードが漂い、株式も売られやすく、為替も円高の方向感になっています。

また、2月と同じく5月も米国債の利払いが行われる月となっているので円高になりやすい時期といえます。

 


6月のアノマリー

6月は相場の転換点となりやすく、その年の高値あるいは安値をつける可能性が高い月と言われています。
また、6月に入ると夏休みを迎えるファンドが多くなり市場参加者が大幅に減ってしまう時期と言われています。

 


7月のアノマリー
7月は「サマーラリー」と呼ばれる時期となります。
夏のボーナスを手に入れたアメリカ人はバカンスの前に株を買いだめするといわれており、7月から9月までは株価が上昇しやすい時期と言われています。

アメリカの株価が上がりやすいことから円安になりやすい時期と言われています。

 

 

8月のアノマリー
8月は「夏枯れ相場」などと呼ばれています。
アメリカのサマーラリーとは対照的にお盆休みのある日本のマーケットは売り相場となり、円高を助長します。

 


9月のアノマリー
9月は5月の「SELL IN MAY」の言葉通り(5月参照)9月になるとファンドの夏休みが終わり市場参加者が増えることから、大きな値動きが起こりやすくなります。

9月で発生したトレンドは10月ないし11月まで継続すると言われています。トレンドに乗れば大きな値幅を狙えるチャンスの季節といえるでしょう。

 

 10月のアノマリー
10月はアメリカでは株価が安値をつけやすい事から「10月効果」と呼ばれています。

9月で発生したトレンドは10月ないし11月まで継続すると言われていますが、有名な歴史的大暴落は十月に起こることが多く特にリスク管理を注意する必要がある季節となります。

 


11月のアノマリー
11月はアメリカでは9月からの休暇の調整が入りやすい時期となっており新しい方向の値動きが起こりやすい時期と言われています。そのため相場は月末にかけて反転する可能性も高くなります。11月も米国債の利払いによる円高への圧力が起こる時期でもあります。
 


12月のアノマリー
12月は欧米企業の決算期となっているので円安に振れやすい季節となっていますまた、欧米ではクリスマス休暇に向け、マーケット市場がポジション調整のための売りを呼び、さらに市場が徐々に閑散としてくることから取引参加者が大幅に減っていくためです。取引参加者が減り、トレンドが出にくい傾向があります。

 

 

季節のアノマリー以外にも、ジブリの呪い・サザエさん効果(サザエさんの法則)等々まだまだ様々なアノマリーが存在します。

ちなみに私はアノマリー大好きです。儲かるかはさておきですが…!

 

投資格言の中には時間とともに変わり、現在はあまり役に立たないものも含まれていると思います。

しかしながら、こういうアノマリーを利用して、投資戦略を立てたり、当月の相場の動きを予想するのには非常に大事だと思います。一般知識としてぜひ頭に入れておいてくださいね。