fic-tion’s diary 

このブログはFact(事実)でありFiction(フィクション)である 日々の生活を深く観察して事実なのか?フィクションなのか?を楽しく発信しています。

絵本を読もう 【ちょっとおこっちゃったなおこちゃんのおうち】

絵本の紹介

ちょっとおこっちゃったなおこちゃんのおうち

 


 

福音館書店

作 まいえ かずお

絵 井上 洋介

読んであげるなら 5・6歳から

 

 

《あらすじ》

その日はご機嫌のわるい、なおこちゃんの家族。

家中に当たり散らして、お父さんは仕事へ行き、お母さんは買い物に行き、なおこちゃんは学校へ行き、家にいた猫のブッチと犬のムンクとねずみのチューベイもそれぞれ出掛けます。

当たり散らされたなおこちゃんの家は、とうとう怒ってしまいます。

家に帰ってくる家族を誰も入れてくれません。

みんなが謝っても入れてくれません。

とうとう夜になり、みんな眠くなってきて、次々とあくびをします。

最後に家が大きなあくびをしたスキに家の中に入ることができ、最後はみんなスヤスヤ眠ります。

 

その他の絵本の紹介