絵本を読もう 【いちごばたけのちいさなおばあさん】

いちごばたけのちいさなおばあさん

 

福音館書店

さく わたりむつこ

え 中谷千代子

読んであげるなら 4歳から

  

 《あらすじ》

おばあさんはいちごばたけの土の下に住んでいます。いつもの年よりも暖かいことに気

づき、地上に行ってみると、いちごの葉っぱが青々としていました。おばあさんは慌て

ていちごの色をつくるための仕事を始めます。いちごの色をつける準備が終わると地上

に出て、いちごひとつひとつに色をつけます。

でも、なんだか寒くなってきました。おばあさんは、せっかくのいちごがゆきでダメに

なるのではと心配になります。

いちごに色をつけ終わり、その日は眠りました。

次の日、地上に上がるといちごの姿はなく辺り一面雪景色。おばあさんは自分が色をつ

けたいちごが無くなったと泣いていると、一匹のうさぎがやってきて雪をかきわけまし

た。雪の下にいちごはたっぷりなっていました。

他の動物たちもやってきて美味しいいちごを食べました。

 

f:id:fic-tion:20190929173024p:plain