簡単、理解、注目ニュース! 人間の意識がAIにアップロードされる日は近い。それは早くて30年以内と予測するグーグルのエンジニア。

日々あるたくさんのニュースの中から、何となく気になった記事を私なりの解釈で分かりやすく書いているつもりです。ちょっとした読み物として読んで頂き、皆さんの何かのお役に立てれば幸いです。

 

f:id:fic-tion:20190522234733j:plain

 

 

元の記事の内容(一部抜粋)

先日、スウェーデンの葬儀屋が人工知能を利用して故人に関する情報を網羅し、死者の生き写しのような受け答えをするボットプログラムを開発中であるというニュースをお伝えした。
グーグルのエンジニア部門を指揮するレイ・カーズウェル氏によると、今後30年以内で、死者を蘇らせるAIクローン技術が実現するという。

exciteニュースより記事引用

 

今回注目した記事のページです。

www.excite.co.jp

 

 

記事を見て思うフィク持論

 

  この内容は上記にある記事を読んでのフィクの持論であり、記事を客観的にとらえた内容です。

 

 30年以内に人間の意識を記録したAIロボットが誕生するかもという記事ですよ。

 

グーグルのエンジニア部門を指揮するレイ・カーズウェル氏によると血液に注入する事でその人のタイプをスキャニングする技術が発明され、人間の性格や意識などを正確にコピーする事が出来るようになると言っています。

 

また、日系アメリカ人3世で、理論物理学者であるミチオ・カク博士も人間の記憶や意識をそのまま機械に乗せることが出来るようになり「人間は不死となるでしょう」と言っています。

 

30年くらい生きていれば実際わかることですし、さらに今まだ若い人ならば、意識だけをAIに残した人間とコミュニケーションをとることになるのかもしれないそうです。

 

 

 

 

ボットプログラムの分かりやすいものは、“Siri“や“Google home”です。いまや日常になってきていますよね。
レイ・カーズウェル氏は、ロボット掃除機やVR眼鏡も2005年に出版した『The Singularity Is Near』の中で予言しているみたいです。*1
彼によれば、特異点は2045年だそうです。*2
AIは、AIであって人間の感情を持つことが出来ないという事を聞いたことがあるのですが、人間の意識がAIにアップロードされるとなると、また話は別なのかもしれませんね。
本当に映画で見たSFの時代の到来ですね!ちょっと怖い気もしますが……!
不老不死を手に入れた世界、どうなるのでしょうね。楽しい明るい未来になるといいです。
それにしても、いつも思うのですが、一度でいいから頭の良い人の頭の中を覗いてみたいです。(これも出来るようになるのかな?)
『蚊のギロチン』って記事を見た時に、思わず二度見してしまいました。記事を読んでいってあんな小さい蚊の頭を一つ一つ取っている事にもビックリでした。