fic-tion’s diary フィクションの創作日記

このブログはFact(事実)でありFiction(フィクション)である 日々の生活を深く観察して事実なのか?フィクションなのか?を楽しく発信しています。

【スポンサーリンク】

簡単、理解、注目ニュース! データセンターの「化石燃料を不使用」という認証は、環境保護に貢献できるか?

日々あるたくさんのニュースの中から、何となく気になった記事を私なりの解釈で分かりやすく書いているつもりです。ちょっとした読み物として読んで頂き、皆さんの何かのお役に立てれば幸いです。

 

f:id:fic-tion:20190530084628j:plain

 

 

元の記事の内容

「遺伝子組換えでない」「有機認証」「フェアトレード」──。世の中にはさまざまなラベルやマークがあるが、スウェーデンの業界団体は「フォッシル・フリー・データ(化石燃料を使用しないデータ通信)」というデータセンター向けの新たなラベルを提唱した。テック企業の消費エネルギーに対する問題意識が高まるなか、このラベルは消費行動を変えられるだろうか。 

 wiredより記事引用

 

今回注目した記事のページです。

wired.jp

記事の解説とフィクコメント  

スウェーデンのシェレフテオに本拠地を置くデータセンターの業界団体ノード・ポール(Node Pole)は、「フォッシル・フリー・データ(化石燃料を使用しないデータ通信)」という新しいラベルを提唱している。 

 

環境に関するラベルには『エコマーク』や『再生紙使用マーク』など様々ものがありますね。環境庁のホームページにたくさんの種類が載ってました。恥ずかしながら、半分以上は知りませんでした。 ラベルを見たい方はこちらから→ 環境省_環境ラベル等の紹介ページ_マーク索引 

 

 

「これは世界中で大量のエネルギーを消費しているテクノロジー業界が、より持続可能な方向へと舵を切るための重要な一歩なのです」とノード・ポールの最高サステナビリティ責任者(CSO)であるクリストフェル・スヴァンベリは語る。世界中のデータを蓄積および送信するために使用される電力量は、世界で6番目に大きい国の消費電力量に匹敵するという。 

 

電気がなくては、生きていけない世の中になってきましたね。特にテクノロジー分野では、電気は不可欠なのではないでしょうか。パソコンに携帯、ネット環境も電気がないと使用することができませんよね。それにしても、データーを蓄積、送信する為だけに世界で6番目に大きい国(ロシアやカナダぐらい)とは、驚きです。
2017年の電力消費量
日本: 1,019(Thw) ロシア: 889(Thw) カナダ :572(Thw)
《グローバルエネルギーイヤーブック2018よりデーター引用 》

 

 

 消費者は日々利用するウェブサイトやモバイルアプリがどんなエネルギーを消費しているのかを知るために、「フォッシル・フリー・データ」を参照できるという。さらにこのラベルを載せた企業は、社会問題への意識が高い投資家に対して自分たちが再生可能エネルギーを使用していると証明できるだろう。グローバル経済の減速に対する警戒感も、根強い金需要の背景だ。 

 

自分の好きな会社・応援したい会社に投資するのが、一番ですよね。 

 

 

スウェーデンはこれまで、豊富な水力と寒冷な気候、そして欧州各国との光ファイバーによる高速インターネット接続を売りに、数十のデータセンターを誘致してきた。テック企業はノルウェー(水力)やデンマーク(風力)、アイスランド(地熱)といった近隣諸国の再生可能エネルギーも利用している。

 

これからの事を考えていくと、再生可能エネルギー大切ですね。非再生可能エネルギー(石油や石炭、天然ガスの有限資源で出来るエネルギー)には、限りがありますからね。 

 

 

ネットフリックス、アマゾン、グーグル、フェイスブック、アップルの各社が使用するダーティー・エネルギーがいかに増えているかが詳細に説明されていた。これ以来、インターネット事業を扱う大手20社が再生可能エネルギーを使用すると約束し、すでに米国内外で10ギガワット以上を再生可能エネルギーで賄っている。

しかし、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のヴァージニア州のデータセンターでは、世界のインターネット通信の70パーセントを扱っている地域では、生産する電力のうちわずか5パーセントしか再生可能エネルギーを使用していない。

 

この後の文がおもしろかったのですが、だからといって“Amazon”を使う事はやめないだろう。と書かれていました。ただ、人の関心が環境問題に向いている事も書かれていました。 

 

 

 社会的な関心を集めるラベルのなかには、マーケティング戦略を兼ねているものもある。しかし、エネルギーを大量消費するインターネットに溺れているわれわれには、環境に対するちょっとした罪の意識が必要なのだ。それがスウェーデンに利をもたらすか否かはさておき、だが。

 

環境問題にもマーケティング戦略がつかわれているのですね。人が興味をもてば、社会はそちらに動いていきますからね。利益が重視ではあると思いますが、環境を守れれば最高ですね。 

 

 

まとめ

 

人の身体と一緒ですね。お金も稼げて、健康であれば一番ですね。 限りある資源を大切に変えられるものは変えていけたらいいですね。