FX投資のライントレード!予想ライン配信中

 

 

f:id:fic-tion:20190605182803j:image

 

 

ここが凄い!ライントレードとは

ライントレードとは、名前のとおりライン(線)を使った取引です。
もし重要なラインが引けたら、他のトレード法よりもずっとシンプルに利益を狙うことができるトレード法です。たくさんのテクニカル分析の種類の中で、最もシンプルにも関わらず数多くの投資家から愛用されている事がライントレードの凄さを物語っています。

 

ライントレードとは、水平線やトレンドラインを引いて、それを元にトレードを行う事を言います。チャート(ローソク足)は同じところで反発することがよくあるため、そこにラインを引き、それを元にトレードをしていくトレード法です。私は水平線しか使いませんけどね!

 

f:id:fic-tion:20190605182849j:image

 

ライントレードを使ったトレードの仕方!

 

私のトレードでは、斜めに引くトレンドラインは使わずに、水平線だけを使ってトレードを行います。さらに通常であればライントレードは一度引ければそのラインはある程度の期間はサポート・レジスタンスラインとして機能しますが、私のライントレードでは毎日一部のラインが変わります。普通のライントレードとちょっと違っていて、二本のラインを駆使してトレードしてますが、短期的には一本のライン(日足ライン)を見るだけで充分です。

 

次にライントレードのメリットとデメリットを一応伝えておきますね。
メリットはラインしかないので誰でも簡単にエントリーだけでなく損切りもわかりやすい事です。
デメリットはどこにラインを引くかが結構どころかかなり難しい気がします。


もし上手くラインが引けたならラインからどのようにトレードの判断するのか?


〇ラインで支えられている間は買い
〇ラインを上から下にブレイクしたら売り
〇ラインで抑えられている間は売り
〇ラインを下から上にブレイクしたら買い


これだけですだからライントレードは単純なんです。
ルールはシンプルで無いと続かないし守れないこれ重要だと思います。

 

 

ライントレードは先行指標、ならば遅行指標とは?

 

先行指標とは『相場の未来を予測する指標』の事です。

 代表的な物としてはもちろんライントレードやフィボナッチ等の事です。先行指標は価格が到達する前に、どこで反発するのかを先に予測する指標になります。

 

遅行指標とは、『インジケーター』のことです。

なぜ、インジケーターのことを遅行指標と呼ぶ理由は遅行指標は、読んで字の如しですが遅れて形成される指標の事を示します。

インジケーターとは、皆さんもご存知の通り『価格(終値)を加工(足したり引いたりいろいろ)して平均化したものをビジュアル的に分かりやすく描写たもの』ですよね。

と言う事は終値が決定しなければインジケーターは描写されない。全て後付けなんです。

 

 

 

現在、予想ライントレード

imprint-diary.hateblo.jp

にて配信中です。

宜しくお願い致します。

 

 

 

免責事項
当サイトは投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性に ついて保証するものではありません。閲覧者が当サイトの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても当サイト運営者は一切の責任を負いません。 FXや投資信託はリスクや損失が存在する金融商品です。取引は閲覧者自身の判断によって、リスク を十分に理解したうえで自己責任で行ってください。