短編小説 ありのママ

アイアムゴッド

第173話 お兄ちゃんvs神さま

お兄ちゃんとコンビニで買い物をしてる時、レジの方から怒鳴り声が聞こえてきた。

店員さんがペコペコと頭を下げている。

「変な人がいるね。」と僕がお兄ちゃんに言うと「怒鳴る事ないのにな。」とお兄ちゃん。

僕は気になりチラチラみていると、話がついたのか「お客様は神さまだろうが。」とオジさんが捨て台詞を言い、コンビニを後にしようとしていた。

「良かった~。出て行ったね。」と僕がお兄ちゃんに話すと、何故かお兄ちゃんの目がキラキラしていた。

いやな胸騒ぎがする。

「急げ。ショウ。買い物は後からだ。」とお兄ちゃん。

僕は訳もわからず、手に取ってた商品を急いで棚に戻し、お兄ちゃんについて行く。

「あの、すみません。」とお兄ちゃんが歩いていたさっきのオジさんに声をかける。

「はぁ?」オジさんが振り向く。ギロリと睨まれる。僕はビクッとするが、お兄ちゃんは怯まない。

「神さまなんですよね。」とお兄ちゃんが言い出した。

「おぅ。おっ、そうだな。」とオジさん。さっきの睨みは何処へやら、急に神さまなんて言われて動揺している。

と、おもむろにポケットに手を入れて五円玉を出すお兄ちゃん。

「回らない寿司屋の寿司が食べたいです。」とお兄ちゃん。

はぁ?僕とオジさんは多分同じ事を考えてたと思う。

何言ってんだ?コイツ。

「神様だったら、願い事を叶えてくれますよね。回らない寿司屋の寿司が食べたいです。2人分。」とお兄ちゃんは目をキラキラさせながら懇願する。

その様子に怖くなったのか、オジさんは無言で向きを変え走って逃げた。

「やっぱ、5円じゃダメなのか…2人分だから10円がよかったのか?」と残念がるお兄ちゃん。

そこじゃないと思う。

家に帰るとおじいちゃんがお寿司を食べに連れて行ってくれた。

「ショウ。やっぱりさっきのオジさんは、神さまだったんだな。」とお兄ちゃん。

嫌な胸騒ぎしかしない。

つづく

※この短編小説ありのママは、フィクションです。登場人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係はありません。

おすすめ