カンジンカナメ。

短編小説:ありのママ第179話

美姫さんvs育ち

 

今回の登場人物紹介

ショウ:小学六年生の男の子
美姫さん:ショウの母親

 

 

 「ショウ。人の外見はいつでも変えられるんだよ。」と美姫さん。

「そうかもねー」と僕。興味ないし。

「でもさ、育ちは変えられないんだよね。取り繕ってもボロがでる。だから、育ちって大切なのかもね」と美姫さん。

「そうかもねー」と僕。そんな事言われても興味ないし。

「育ちは顔に出るとも言うし。」と美姫さん。

「そうかもねー」と僕。ホント、どうでもいいし。

 

「良かった〜。私、育ちが良くて。」と美姫さん。

 

…どの口が言う?

と、口元まで出かかったけど、僕は育ちがいいので、美姫さんにニッコリと微笑んであげた。

 

僕の育ちが傷付いた。

 

 

 

ありのママ 目次

 

www.fic-tion.com

 

※この短編小説ありのママは、ほぼフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。