fic-tion’s diary 

このブログはFact(事実)でありFiction(フィクション)である 日々の生活を深く観察して事実なのか?フィクションなのか?を楽しく発信しています。

究極のエコ術教えます

ありのママ 第70話

美姫さんの“エコ”術

 

 

学校の宿題で、【家でしている“エコ”を調べよう】というものがあった。

家に帰ってきてから、いつものようにソファーにダラーとしている美姫さんを見る。

 

美姫さんが“エコ”……。ちょっと想像がつかない。

 

お父さんが帰ってきてからお父さんに聞く。「お父さん。“エコ”って何かしている?」と僕が聞くと「“エコ”ね…。」としばらく考えてから「無駄な電気は消す。」とお父さん。

僕は宿題の紙に書く。

その後お父さんが教えてくれた僕の家でしている“エコ”は

・歯磨きは、コップに水をためてうがいをする

・冷蔵庫の前に冷蔵庫に入っている食材を書きだしておく。

・節水タイプのトイレ、水道の蛇口にする。

・お風呂は、順番よく入る。

・エアコンの温度に気をつける。

・エアコンと扇風機をうまく利用して部屋の温度を保つ。

 

「そのぐらいかな?」とお父さんが言う。

すると、それを聞いていた美姫さんが「私も“エコ”しているよ!」と言い出した。

 

えっ?。美姫さんが“エコ”?。してたんだ……。と僕は驚く。

 

「美姫さんの“エコ”って何してるの?」と僕が聞くと「無駄な体力消費を防ぐために、省エネモードで過ごす。」と美姫さん。いつもの事ながら、美姫さんの言っている意味が分からない。「どういう事?」と僕がきくと「無駄な体力消費を防ぐために毎日ソファーでグダーッてして省エネモードにしているって事。」と美姫さん。

 

それ、ただ、単に動きたくないだけだよね。
それに美姫さん、動かないのに僕より食べるじゃん。
燃費の悪い車と一緒だから、“エコ”ではないよー。

 

「ふぅん。」と僕が言うと「もう一つあるよ。」と美姫さん。

「なに?」と僕が聞くと「最近、通信費が高いって聞いたから、通信費をおさえているよ。」と美姫さん。「無駄な電話やメールはしないって事?」と僕が聞くと「いや、違うよ。もっと画期的な方法。」と美姫さんは言う。

 

通信費をおさえる画期的な方法?ー僕はわからなかった。

 

「それって、どうするの?」と僕が聞くと「テレパシーを使うの。」と美姫さん。

「はぁ?」と僕が首をかしげると「ショウ、感じない?いつもショウが学校に行っている時にテレパシーを送っているんだよ。」と美姫さん。そしてお父さんに「こうちゃんにも、テレパシー送ってるんだよ。知ってた?」と美姫さん。

 

全然、感じたことが無いな。

 

「おぅ。それって“仕事頑張れ!”とか送ってくれてるの?」とお父さんが嬉しそうに言う。「違うよ。“帰りにチョコレート買ってこい”って送ってるの。こうちゃん、全然気づかないんだから。」と美姫さん。

 

そりゃ画期的な“エコ”術ですなー。

 

おわり

 

ありのママ 目次

www.fic-tion.com