短編小説 ありのママ

適切な判断と対応を

第211話 お兄ちゃんvs病気

朝からお兄ちゃんの様子がおかしい。

僕たちの様子を伺いながら、コソコソ動いている。

ただ、ガッツリとリビングには居る。

ただ、喋りもしないし、動きもしない。動くときは、僕たちの様子を見ながらコソコソ動く。

「お兄ちゃん、どうしたの?」僕は思いきって聞いてみた。

「……気配を消してるんだよ。」お兄ちゃんは、小声で僕に言った。

なんで、気配を消すんだろう?僕は「何で気配を消すの?」と聞いてみた。

「朝から、喉がイガイガしてな。風邪かもしれないから。気配を消しているんだ。」とお兄ちゃん。

???意味不明

「なんで、風邪だと気配を消すの?」と僕が聞くと

「ほら、『病は気(け)から』って言うじゃないか。気配を消せば、風邪も治る。兄ちゃんな、病院が嫌いなんだよ。」とお兄ちゃんは言った。

「お兄ちゃん、それ『病は気(き)から』だよ。病気は気の持ちようによって良くも悪くもなるという意味だよ。」と僕が言うと

「そうか。さすが、現役の学生さんは違うなぁ〜。」とお兄ちゃんは感心し、「ショウありがとな。よし、喉のイガイガなんかどこかに行ったと思うぞ〜。」とお兄ちゃんはいつものお兄ちゃんに戻った。

プププ面白いなぁと僕は美姫さんにお兄ちゃんの話をする。

「ユウ。めっちゃ、ウケる。」と美姫さんは大笑いした。

そして「そういえば、ユウさ。中学ぐらいの時も『歯の詰め物が取れた』って接着剤で付けようとして、こうちゃんに怒られてたよね〜。」と美姫さんは笑いながら教えてくれた。

すると「母さん。それ、母さんの話。僕、歯に詰め物ないし。」とお兄ちゃんが冷静に返した。

どっちもどっち。

おしまい

※この話は、ほぼフィクションです。

おすすめ