fic-tion’s diary 

このブログはFact(事実)でありFiction(フィクション)である 日々の生活を深く観察して事実なのか?フィクションなのか?を楽しく発信しています。

1+1>2

短編小説:ありのママ第155話

マイファミリー

 

今回の登場人物紹介

ショウ:小学六年生の男の子
ユウ(お兄ちゃん):ショウのお兄ちゃん
美姫さん:ショウくんの母親。
お父さん(こうちゃん):ショウくんの父親。
おじいちゃんとおばあちゃん:美姫さんの両親。ショウとユウの祖父母。

 

 

前回のお話 ➡ 真実はいつもひとつ? - fic-tion’s diary

 

「ちょちょちょっとまって。」と僕はお父さんとお兄ちゃんをダイニングテーブルの椅子に座らせる。その向かいに僕が座る。

「あのさ、急にお兄ちゃんが出てきたらビックリするし、意味わからないし。」と僕が言う。

 

お父さんとお兄ちゃんが、顔を見合わせる。

 

そして「あぁ。」と言い、「賭けをしてたんだよ。」とお父さん。

 

続けてお兄ちゃんが「そう、ショウが俺の事を覚えているかの賭け。ショウが覚えて無かったら母さんの勝ちで、ショウが覚えてたら俺の勝ち。」

 

「でも、なんでお父さんは教えてくれなかったの?」と僕が聞くと

「そりゃ、美姫さんにお父さんがショウに教えた事がバレたら、大変な事になるだろう。」とお父さんがすまなそうな顔をする。

 

うん。それはわかる。

 

「じゃぁ、写真とかは何でないの?僕のはたくさん飾ってあるのに」と僕が聞くと

「家を出る前日に俺が全部シュレッダーにかけた。個人情報だからな。もしもの為に」とお兄ちゃん。

 「そうだったのか。美姫さんがものすごく怒ってたぞ。『ユウの写真はどこにあるのよー!!』って」とお父さん。

 

「それ、みたかったなぁ」とお兄ちゃんが笑う。

 

「ユウ、痕跡も残さず出て行ったからな~」とお父さんが言うと

「【立つ鳥跡を濁さずってね】」とお兄ちゃん。

 

使うとこ、間違ってるような。

 

「よく、家を出れたね。」と僕が聞く。あの美姫さんが許したのが不思議だ。

「ジャンケンに勝ったからね〜」とお兄ちゃん。

 

あぁ、なるほど。ジャンケンは、運命を変えるよね。*1 

 

「でもなんで、家を出たの?」と僕

「【いきり】たかったからかな。ほら、人生にはやらなきゃいけない時期があるだろう。それがあの時だった。」とお兄ちゃん。

 

僕は何となく理解した。【いきり】で家を出た意味は分からないけど。

本当にお兄ちゃんだったんだ。

お兄ちゃんが欲しかったから、本当にお兄ちゃんができて嬉しさでニンマリとしてしまう。

その僕の表情を見てお父さんが

「ユウが帰ってきたから、夕食は外に食べに行くか~」と言った。

 

その声を聞いて美姫さんがソファからのそっと起き上がった。

そしてお兄ちゃんと同時に「寿司」と言った。

声がシンクロした。

僕はゾゾゾとする。美姫さんが二人いるみたいだ。

 

僕たちは早速支度をし、お寿司屋に向かう。

「あっ。大蔵省に電話しなきゃ。」と美姫さん。

「美姫さん、大蔵省はいつの時代だよ。今は、キャッシュレスだよ。さっきじいちゃんとこ行ったときに声を掛けたから、時間と場所を言えば大丈夫。GPpayに*2登録しました〜」とお兄ちゃん。

 

「おぉっ。仕事が早いですね~。」と美姫さんは言い、おじいちゃんにメールを送る。

美姫さんがメールするとすぐに返信がきた。

どうやらおじいちゃんとおばあちゃんは、美姫さんのメールを待っていたようだ。

 

お寿司屋さんにつくとまだ早い時間だったので、すぐに席に通された。

 最近できた、わりと人気のお寿司屋さん。

席はまだぼちぼちと埋まっているかんじだった。

 

飲み物と料理と注文をし、待っているとおじいちゃん達がきた。

 

「急にユウが家にきたから、新しい詐欺かと思ったよ。それにしても久しぶりだな。」とおじいちゃん。

「7年ぶりかな?」とお兄ちゃん。

「どこをプラプラしたたんだ?」とおじいちゃんが聞くと

「いろいろ。面白かったよ。」とお兄ちゃん。

「高校もいかずにな。」とお父さんが突っ込む。

「高校行くより、面白いかなぁって思って。」とお兄ちゃん。

そんな話をしていたら、料理と飲み物が運ばれてきた。

 

僕たちが食事をしていると、時折甲高い声を出している人たちが耳についた。

席は満席になっていて少しざわざわしていたが、そのグループはそのざわざわより一段と高い声で話している感じだった。

 

話しているというよりは騒いでるという感じ。その声はどんどん大きくなる。

 

みんながチラチラ見ている。

僕も気になり目を向けると食事をしているというより、写真を撮ったり動画を撮ったりしていた。

 

僕はそっと美姫さんの方を見た。

美姫さんの顔が怖い。何もなければいいけど。

 

と僕が思ったその時、僕たちの隣の席にいた赤ちゃんが泣きだした。
寝ていたのに甲高い声にビックリして泣き出したらしい。
ゆっくりとご飯を食べていた隣の人たちは、慌てて赤ちゃんを泣き止ませようとする。

 

―― ヤバイ。美姫さんが怒るぞ。

 

すると、お兄ちゃんが立ち上がりそのグループの方へ行った。

 

そして「〇△◇×?%$〇&△※+=」と訳の分からない言葉でその人たちに何かを言った。

 そのグループの1人が「何言ってるのこいつ。意味わかんない。」と不審な表情をする。

それでもお兄ちゃんの訳の分からないは言葉攻撃は終わらない。

 

変な人に怖くなったのか「早く食べて出よ。気持ち悪いよこいつ」ともう一人が言い、大人しく食事を始めた。

 

お兄ちゃんが席に戻ってきた。

 

お兄ちゃんは何事も無かったかのように食事の続きを始めた。

 

「お兄ちゃん。あれはどこの国の言葉?」と僕がこっそりと聞くと

「あれはな。兄ちゃんが考えた猿語だ。店の壁の張り紙に【写真・動画撮影はご遠慮ください】って書いてあるのがわからない人種だからな。どこの国の人かなと思ってたら『キャッキャッ』って何言っているのかわからなかったから、猿かなと思って。」とお兄ちゃんは満面の笑みを浮かべた。

 

するとまた聞き覚えのある声が聞こえてきた。

「あなたたち、自分に理解の出来ない事は気持ち悪いの?」と今度は美姫さんがさっきの人たちのとこにいた。

「何このおばさん。」とひとりが言うと

「さっき、写メとか動画撮ってたでしょ。スマホ貸して」と美姫さん。

「なんでアンタにスマホを渡さないといけないの」と、その人たちは怒りながら言ってきた。

「それに私も映り込んでるかもしれないでしょ。そんなものを変なとこで使われて、私に損害が起こったら、賠償してくれる? 今ここで、スマホからデーターを消すのと身分証明書をコピーして私に渡すのとどっちがいい?」と美姫さん。

 

その人たちはスマホを差し出した。

美姫さんは、手際よく何かを始めた。

写真と動画を消しているのかもしれない。

しばらく、その人たちに何やら聞きながら、美姫さんは作業をしていく。

 

そして「はい。コレ。これからはルールは守るんだよ」とその人たちにニンマリと笑顔を見せ、僕たちのとこに帰ってきた。

 

「ギャー。スマホが初期化されてる!!」と、店内に雄叫びが響く。

 

誰ともなく店内から失笑が起こった。

 

美姫さんはというと、何事も無かったかの様に食事の続きをしていた。

 

 

 

おしまい

 

 

ありのママ 目次

 

www.fic-tion.com

*1:結婚するために必要なスキルとは? - fic-tion’s diary

*2:祖父母がお金を出す事(grandparents payの略)フィクーションの造語