ブログ

短編小説 ありのママ

美姫さん、それはホラー話ですね

第9話 美姫さん同じ穴のムジナ? ここで、少しホラーな話をひとつ。 美姫さんが欲しいものがあるという事で、お父さんと3人で珍しくショッピングモールに行ったときの話。 連休と天気の悪さが重なり、屋根のあるショッピングモール …

美姫さんにとってのオレオレ詐欺とは?

第8話 美姫さんvsオレオレ詐欺 美姫さんがニヤニヤしながら、熱心にテレビを見ている。 美姫さんがこんな顔をしている時は、何かが起こる前触れだ。僕は、美姫さんが見ているテレビをおそるおそる確認するとニュース番組を見ていた …

新学期は親は大変なんです

第7話 美姫さんvs新学期 新学期が始まり、僕は六年生になった。 美姫さんは、相変わらずだ。今朝もブツブツ、ワーワーと怒っている。原因は、僕が始業式の日に貰ってきた。大量のプリントたちだ。 いつもは、お父さんが書いてくれ …

美姫さんが女子高校生だった日もあるのです part④-女子高校生でも美姫さんは美姫さん―

初めて読む方は ありのママ 第6話 【美姫さん高校生編①】 – fic-tion’s diary フィクションの創作日記 第6話 美姫さんの高校時代 partⅣ 女子高校生に駆け寄った広瀬さんは、その女子高校 …

美姫さんが女子高校生だった日もあるのです part③―女子高校生美姫さん大ピンチ?ー

初めて読む方は ありのママ 第6話 【美姫さん高校生編①】 – fic-tion’s diary フィクションの創作日記 第6話 美姫さんの高校時代 partⅢ “美姫……だよね。他人の空似? ”美姫さんと思 …

美姫さんが女子高校生だった時もありのです part②―はじまりはいつも気まぐれ?― 

初めて読む方は ありのママ  【美姫さん高校生編①】  第6話 美姫さんの高校時代 partⅡ 美姫さんと広瀬さんが高校生の頃の話だ。 同じ高校に通っていた美姫さんと広瀬さん。もちろん、住んでいる家も …

美姫さんが女子高校生だった日もあるのです part⓵―久しぶりの同級生―

第6話 美姫さんの高校時代 partⅠ 美姫さんの機嫌がすこぶる悪い。悪い原因は何となくはわかる。 今、僕と美姫さんはおばあちゃんちに来ている。おばあちゃんちと言うのは美姫さんの実家だ。 美姫さんは、自分の家が大好きだ。 …

季節の中にも折々混ぜて生きたいのです

第5話 美姫さんvs季節 今日は一段と寒い。 学校を出る時はテクテクと歩いていたが、あまりの寒さに歩くスピードはドンドン速くなり、しまいには走って帰ってきた。 家に帰り、インターフォンを押す。早く玄関を開けてほしい。「開 …

サンタさんから貰うプレゼントNo1はコレです

第4話 美姫さんvsサンタクロース 今日もおじいちゃんは、美姫さんの為に働く。 僕は、疑問に思いおばあちゃんに聞いたことがあった。「おばあちゃん、おじいちゃんは何で美姫さんのいう事を聞くの?」と。 するとおばあちゃんの回 …

迷惑ネコに遭遇したら part⑥完―そして結末―

初めて読む方は ありのママ  【美姫さんvsネコ編①】 第3話 美姫さんvsネコ partⅥ完 「昨日、もうすぐ私の祖父の誕生日だから、喜んでもらおうと息子と一緒に一生懸命塗ったんです。 祖父は、ちょっと体調を …

迷惑ネコに遭遇したら part⑤―粛々と計画はじっこうされるのです―

初めて読む方は ありのママ  【美姫さんvsネコ編①】 第3話 美姫さんvsネコ partⅤ 「ギャァァ。」朝から叫び声で目が覚める。 何々?事件?火事?僕は飛び起きてリビングに行く。お父さんもビックリして飛び起きたよう …

迷惑ネコに遭遇したら part④―まずは手始めに―

第3話 美姫さんvsねこ partⅣ 初めて読む方はこちらからどうぞ 朝起きるとお父さんが朝ごはんを作っていた。「おはよう。夜中は面白かったかい?」とお父さん。「おはよう。うーん。いまいちだった。あんまり暗くないから暗視 …

迷惑ネコに遭遇したら part③―僕もちょっとお手伝い―

第3話 美姫さんvsネコ partⅢ ようやく待ちわびていた週末がおと連れた。僕は学校が終わると速攻で家に帰った。すると、美姫さんが庭先で何やらしていた。 「おう、おかえりショウ。」と僕に気付いた美姫さんが言った。「ただ …

迷惑ネコに遭遇したら part②―美姫さんの着々とした情報収集―

第3話 美姫さんvsネコ partⅡ 次の日学校から帰ると、美姫さんがパジャマに着替えていた。 「ショウ、お帰り。じゃぁ、おやすみなさい。」といい、寝室に向かった。僕は意味が分からず、反射的に「おやすみ。」と言いながらそ …

迷惑ネコに遭遇したら part⓵―ネコが迷惑ネコになるまで―

第3話 美姫さんvsネコ partⅠ 朝から、美姫さんが物凄く怒っていた。原因は、“猫のフン”だ。 うちの庭にあったらしい。「ショウ。どのネコかわかる?」と美姫さん。そんなのわかるわけがない。「わからないよよ。」と言った …

« 1 15 16 17 »
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

グッズ販売してます

お問い合わせ・プライバシーポリシー

PAGETOP
Copyright © fic-tion world All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.