短編小説 ありのママ

大掃除はお任せあれ。

第152話 美姫さんvs大掃除

寒くなってくると、美姫さんの動きはさらに鈍くなっていく。

ただ、うちの中は寒くない。美姫さんのおかげ?せい?で、暑いぐらいだ。

美姫さんが寒いと感じるのは、テレビの天気予報の温度を見るからだ。

「ギャー。今日は最低温度が10℃だって。ソファの上でジッとしとかなきゃ。」と美姫さん。家の中の室温計は27℃を指している。

……寒くないよね。それに夏もソファの上にいるじゃん。

そんな中、お父さんが「そろそろ大掃除をはじめるか」と言い出した。

するとすぐに美姫さんが「大掃除はプロに頼むのが一番だよ。プロの領域に素人が手を出したら駄目だと思う。」と言い出した。

要は、大掃除がしたくないんだな。

「たまには担当制にするか」とお父さんが美姫さんを無視して言う。

「いいね!」と僕が同意する。

「あっ、前の夕飯の片付けの時みたいなBGM担当はダメだからね~。」*1と僕が美姫さんにくぎをさす。

美姫さんが眉間にシワをよせる。

僕とお父さんは顔を見合わせてニヤリとする。

今年の大掃除は美姫さんも参加だなと思っていると

「はい。私、仲介担当になります。」と美姫さん。

は?僕とお父さんが首をかしげてると

「掃除場所と掃除をする人の仲介をします。じゃぁ、掃除場所を書きだしていくね。」と美姫さんは言い、紙とペンを持ってきて【窓・床・……】と掃除場所を書きだしていく。そして「では、いきますよー。【窓】掃除がいい人!」と美姫さん。

僕とお父さんは意味が分からず二人で顔を見合わせながら、お父さんが恐る恐る手をあげた。

「じゃぁ、【窓】はこうちゃんね。」と美姫さんは言い、紙の窓の欄に【こうちゃん】と書いた。

「そしたら、次はね……」と美姫さんは次々と掃除場所を提示していった。

手をあげるのは僕かお父さん。

最後の掃除場所の担当が決まると「はい。頑張ってくださいねー」と美姫さん。

「美姫さんは、掃除しないの?」と僕が聞くと

「私の担当する仕事は終わったよ。【仲介担当】って言ったでしょ。」とにこやかに美姫さんは言った。

おしまい

おすすめ