短編小説 ありのママ

大発見しました。

第153話 美姫さんvs衣類

「美姫さん、その足なに?穴が開いているんなら捨てようよ。」とお父さんが言う。

美姫さんが穴の開いたタイツを履いているからだ。

「こうちゃん、このタイツの便利さを知らないの~。」と美姫さんがニコッとする。

僕は知っている……美姫さんが穴のあいたタイツを履いている理由を。

先日、美姫さんが僕に「見て見て~凄いでしょ~」と自慢げに見せてきたから。

「穴のあいたタイツね…。何かいいことがあるの?」とお父さんが言うと

「このタイツね。なんと、脱がなくても爪が切れまーす。」と美姫さんが自信満々に言ってきた。

「……。」お父さんが絶句をしている。

「ここのね、穴の開いたところから、指を出して爪を切るんだよ。凄くない? 靴下もこの方法だと脱がずに爪が切れるんだよ。」と美姫さん。

お父さんの顔から表情が無くなった。

「お父さん、美姫さんね洋服も穴の開いたところから、痒いところが掻けるって言ってたよ。」と僕がお父さんに告げ口をする。

「そうそう、洋服も穴が開いてた方が手が届きやすいんだよね。痒いところに手が届くって幸せだよね~。」と美姫さん。

「……そうだね。」とお父さんは言った。

次の日から、美姫さんの穴の開いた洋服やタイツや靴下は無くなった。

「ショウ…。あの便利なタイツとかが無くなったんだよね。どこにいったんだろう?」と美姫さん。

僕は知っている……あのタイツ達がどこに行ったのかを。

そう、お父さんが処分していた。

おしまい

おすすめ