短編小説 ありのママ

脳は老化しないって聞くんですけど…ね。

第178話 美姫さんvs指示語

美姫さん「あれ、ほらあれ。」

あれって何?

美姫さん「それとって~。」

それってどれ?

美姫さん「あれとこれ、どっちがいいかな?」

どっちって…。あれもこれもわからないよ。

美姫さん「あの人がね。」

あの人って誰?

美姫さん「この間食べたアレがまた食べたい。」

いつのなに?

「美姫さん。コレとかアレとか分かんないよ。もしかして、歳のせい?」と僕。

「何言ってるの。【指示語強化年間】だよ。指示語を強化しているの」と美姫さん。

「指示語って、強化するもの?」と僕が聞くと

「当たり前じゃん。【アレをとって】と【コレをとって】は意味が違うでしょ。」と自慢気な美姫さん。

ホント、言い訳は上手だわ。

「美姫さんってさ、口から先に生まれてきたんじゃない?」と僕が皮肉ると

「口から生まれてくるって…妖怪じゃん。ほら、アレ」と美姫さん。

「アレって?」と僕が聞くと

「頭に口がある妖怪。」と美姫さん。

「食わず女房ね。*1」と僕が言うと

「そうそう。それ。」と美姫さん。

…名前が出てこないだけじゃん!

おしまい

※この短編小説ありのママは、ほぼフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

おすすめ