いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
今回は、私の今お気に入りの動画を紹介したいと思います。


ヒュー・ジャックマンも感涙!映画『グレイテスト・ショーマン』「This Is Me」ワークショップセッションの様子

上記動画は、グレイテスト・ショーマンの挿入歌【This is me】です。

この歌を知ったきっかけは障がいのある子を育てていらっしゃるひとりのお母さんのブログです。

 私は暗闇を知っている

言われた“隠れてろ お前など見たくない”

身体の傷は恥だと知った

言われた“消えろ 誰もお前など愛さない”

でも心の誇りは失わない

居場所はきっとあるはず

輝く私たちのために

言葉の刃で傷つけるなら 

洪水を起こして溺れさせる 

勇気がある 傷もある ありのままでいる 

これが私 

気をつけろ 私が行く

グレイテスト・ショーマンは、19世紀の興行師 P・T・バーナム氏の話をミュージカル映画にしたものです。

この映像を見た時にとても共感しました。私自身が元々学術的では無く、【アカデミー賞候補】などの宣伝にも興味が無いのでこの映画を観たことがありませんでしたが、この動画を見て映画を観たいと思いました。

優生理論も差別も未だになぜ起こるのかが、まだ理解出来てません。

障がいの有り無しや見た目の違いに関わらず世界中の人はみんな同じだと思います。

 特別扱いも何も無くです。

あるのは、思いやりと困っている時はお互いに助け合うだけでいいんじゃないのかなと思いました。

ミュージカル映画だけあって【This is me】以外の歌とダンスも観ていて楽しかったです。