英語は世界共通語です

ありのママ 第125話

美姫さんvs他の国の人

 

 

 

少し涼しくなったので、夏眠*1していた美姫さんが、ようやく外に出る気になってきた。

 

ブラブラ歩いてると、他の国の人に声をかけられた。

僕は英語はわからない。

美姫さんをチラッとみると、他の国の人の話にうなづいていた。

 

おぉっ、美姫さん、英語わかるんだ!と僕が感激して美姫さんと他の国の人とのやり取りを見る。

 

すると、美姫さん

「駅は、こっから真っ直ぐ行って、突き当たりを右に曲がったら着きますよ。」とバリバリの日本語で答えた。

 

他の国の人は、キョトンとしている。

 

他の国の人がまた何か英語をしゃべった。

 

美姫さんは、「はい。喋れますけど何か?」と日本語で言った。

 

他の国の人は一緒にいた人と何やらペラペラと話、その場を立ち去った。

 

「さっきの人達、何て言ってたの?」と僕が聞くと

「『駅はどういくのか?』って聞かれてたのと、『英語は喋れるか?』って。最後は『こいつら英語喋れないじゃん』って言ってたよ。」と美姫さん。

 

「美姫さん、英語分かるのに喋れないの?」と僕が言うと

 

「いやー、喋れるけどさ。ここ日本だよ。彼らは、日本の文化を楽しみにきたんじゃないのかな~。郷に入れば郷にしたがえって言うじゃん。」と美姫さん。

 

「英語は、共通言語なんだよ。」と僕が言うと

「それを決めた話し合いに私は参加してない。」と美姫さん。

 

あのね、世の中の基準は美姫さんじゃないからね。あと、観光客にはやさしくしようね。

 

 おしまい

 

 

ありのママ 目次

www.fic-tion.com

*1:冬眠の反対