絵本を読もう【ハナさんのあかいぬの】

ハナさんのあかいぬの




 


 

福音館書店

さく なとり ちづ

対象年齢 4才から

 《あらすじ》

ハナさんはお母さんです。

ハナさんは大きな大きな赤い布を広げて子どもたちにお布団を作ってあげようと考えました。

ハナさんがまどの外を見ると雪が降っていました。ハナさんの子どものハナヨ・ハナスケ・ハナタ・ハナミ・ハナキチ・コハナが庭に飛び出していきました。

みんな、防寒着を着てますが身体が大きくなったのでいろいろとツンツルテンでした。

 

f:id:fic-tion:20190722070450p:plain

ハナさんが作ったもの

ハナヨ➡手袋

ハナスケ➡マフラー

ハナタ➡ズボン

ハナミ➡マント

ハナキチ➡帽子

コハナ➡コート

コブちゃん(コハナのお人形)➡帽子・手袋・靴下

 

f:id:fic-tion:20190722224659p:plain

 

ハナさんは、赤い布をチョキチョキ切って綿をフカフカ詰め込んで作りました。子どもたちはもう寒くありません。

しかし、毛布を作ろうと思った赤い布は、穴だらけになりました。そこでハナさんは、色々な布を持ってきて穴の開いたところに針と糸でチクチク縫って綿をフカフカ詰め込んでいきます。

するとカラフルなお布団の出来上がりです。その日の夜子どもたちはその赤い布の新しいお布団で眠りました。

 



 

 


今までの絵本の紹介

ただいま 30作品公開中です。

ブログのコメントではメッセージや質問・その他もろもろ受け付けていますので、気軽にお書きください。時間があるときに必ず返信いたしますのでよろしくです。