真面目なのか…な?

短編小説:ありのママ第176話

美姫さんvs反抗期

 

今回の登場人物紹介

ショウ:小学六年生の男の子
お兄ちゃん(ユウ):ショウくんのお兄ちゃん
美姫さん(母さん):ユウとショウの母親

 

 僕はいつものように学校から帰ってきてお兄ちゃんちに行く。

「そういえばね、美姫さん 自分のこと『思春期かも~』って言ってたよ。」とお兄ちゃんに僕は報告する。

「母さん、思春期終わってないのかもな。大人って感じもしないし。」とお兄ちゃんが笑う。

と急にお兄ちゃんが何か思い出したらしく

「ショウ。反抗期は気をつけろよ。」と僕に言った。

「いや、反抗もしたくなるよ。」と僕が言うと

「絶対に後悔するぞ。」とお兄ちゃん。

「何で?」と僕が聞くと

「母さん、兄ちゃんが反抗期の時に何したと思う?」とお兄ちゃん。

「何だろう?」僕は頭をかしげる。美姫さんの行動は予測がつかないから全くわからない。

 

「兄ちゃんがイライラしていると『あら、イライラしているのね。』って言ってな。『こうちゃんに甘いお菓子を買ってきてもらおうね。』って言ったり、イライラしているのをあたたかい眼差しで見ていたり……。」とお兄ちゃん。

えっ?恐怖。

「怖いよ。」と僕が言うと

「なんと、終いには『大丈夫。イヤだったんだね。』って言って抱きしめたんだぞ。」とお兄ちゃん。

「恐怖心しか生まれない。」と僕。

「そうだろう。母さん、どうしたんだろうって思ってたらな。急に『ユウ、ごめん。イライラ期とイヤイヤ期を間違えてた。』って言いだして。」とお兄ちゃん。

「イヤイヤ期?」と僕が聞くと

「そう、2歳ぐらいの子に起こるイヤイヤ期。」とお兄ちゃん。

開いた口が塞がらないってこんな事をいうのかな。

気をつけよう反抗期。

 

 

おしまい

 

 

 

 

ありのママ 目次

 

www.fic-tion.com