絵本を読もう 【いもうとのにゅういん】

いもうとのにゅういん

f:id:fic-tion:20190511220041j:plain

福音館書店 

さく 筒井 頼子

え 林 明子

 

『あさえ』には、『あや』という妹がいます。

『あや』はいつも『あさえ』の大事にしているぬいぐるみで勝手に遊びます。

『あさえ』は、それがまだ許せません。

ある日、『あや』は盲腸になり入院する事になりました。お母さんは『あや』に付き添

いです。お父さんが仕事から帰ってくるまでお留守番。夜もお父さんと二人っきり。

次の日のお見舞いに何を持っていこうか考える『あさえ』。

『あや』の1番喜ぶものはと考える『あさえ』。それは『あさえ』のぬいぐるみです。

『あさえ』はぬいぐるみにラッピングをし、『あや』のお見舞いに持って行きます。

ラッピングを解いて、ぬいぐるみをみた『あや』は大喜び。

いもうとの入院で、少し成長した『あさえ』のお話です。

 

f:id:fic-tion:20190910071756j:plain