短編小説 ありのママ

国のトップの器

第163話 忖度vs諫官

「ショウ。忖度はダメだよ。良い国は作れない。自分をいさめる人を近くに置かないと。私がショウの諫官(かんかん)になってあげるね。」と美姫さん。

また、意味の分からない事が始まった。僕、国を作るの?!

「諫官(かんかん)って何?」と僕が聞くと*1

「いさめてくれる人。」と美姫さん。

ん?忖度は美姫さんにして、いさめられるのは僕?

「美姫さんをいさめてあげるよ。」と僕が言うと

「老い先短い身ですから。」と美姫さんは言った。

こういう時だけ……と思うが、美姫さんに言ってもらちがあかないので、いつものように美姫さんの遊びに付き合う。

僕はゲームを始める。

すると美姫さんは、ネットで何か調べ始めた。

「あっ、そこは右だな。」とか「あっ、そこは真っ直ぐだよ」美姫さんが隣で僕に話しかける。

どうやら美姫さんは、僕がやっているゲームの攻略サイトを見ているようだ。 

「あのさ、ゲームしてる横で種明かしを辞めてくれる?自分で考えてやるから楽しいのに。」と僕が言うと。

「過ちを指摘しているんだよ。諫官(かんかん)のお仕事。」と美姫さん。

ゲーム以外でやってね。

おしまい

※この短編小説ありのママは、ほぼフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

*1:諫官とは:中国の奏の時代に作られた 天子に忠告し、政治の得失について意見を述べるという職業(貞観政要 – Wikipediaより )

おすすめ