短編小説 ありのママ

個人情報は簡単に話してはいけません

第140話 美姫さんvs個人情報

ある日、ショッピングモール内で美姫さんが立ち止まる。

「どうしたの」と僕が聞くと

「あそこの勧誘スペースで貰えるタオルが欲しい」と美姫さん。

よく見ると美姫さんの好きなキャラクターとのコラボ商品だった。

「美姫さんの嫌いな個人情報と引き換えだよ。」と僕が言うと

「そうなんだよね。あの商品は私の個人情報に釣り合うかな?」と悩む美姫さん。

欲しいものに釣られる…美姫さんも人の子だなぁとおかしくなる。

ものすごい形相で、悩む美姫さん。

そして、何かアイデアが浮かんだ様で、満面の笑みを浮かべ、勧誘スペースにズカズカと乗り込んだ。

「ここに名前と住所をかけば、あの商品をいただけますか?」と美姫さんは聞いた。

「はい。書いて、下のアンケートまで答えていただけたら、プレゼントしますよ」とお兄さん。

美姫さんはお兄さんに紙をもらい、書き込んでいく。

アンケートから先に答え、名前の欄に

【エマ・ワトソン】と書いた。

「奥さん、ご自分のお名前書いてくださいね。」とお兄さん。

「私が【エマ・ワトソン】じゃないって証拠があるんですか?」と美姫さん。

「いや〜。【エマ・ワトソン】は見たことありますけど、貴女とは全然違いますよね。」とお兄さん

「あなたは、世界中の【エマ・ワトソン】をご存知なんですか?それとも同じ名前の人は2人といないと?」と美姫さん。

美姫さんの気迫に押されて苦笑いするお兄さん。

美姫さんはそのまま【エマ・ワトソン】とよくわからない海外の住所を書き、アンケートに答え、ニンマリとお兄さんに用紙を渡した。

お兄さんは、関わりたくないという表情をして美姫さんに商品を渡した。

商品を貰って喜ぶ美姫さん。

「嘘をついたらいけないんだよ。」と僕が言うと

「嘘なんかついてないよ。私は自称【エマ・ワトソン】です。」と美姫さん。

さて、美姫さんから個人情報を聞き出せる人は出てくるのだろうか?

おしまい 

おすすめ