短編小説 ありのママ

新しい会議方法

第210話 僕んちの新ルール

「ショウ。あのさー、これからの時代、マイノリティの意見も大事じゃない?やっぱり、多数決では大人数の意見だったり、声の大きい人の意見しか反映されないでしょ。意見は平等に入れていきたいっておもうんだよね。」と美姫さんが僕に言ってきた。

僕は「そうだね。」とうなづく。確かに美姫さんの意見しか反映されてない気がする。

「でね、いい案を思いついたんだ。」と美姫さん。

僕に悪寒がはしる。美姫さんの【いい案】はいい案では無い。

「へぇー」僕は気のない返事をする。

「まずは、家族会議にかける議題の主以外を紙に書く。例えば【部屋の模様替え】だとしたら、みんなそれぞれ【いつ・どこで・だれが・どうやって】を紙に書く。それから、だれの言葉を選ぶのかのあみだくじをして、文を完成させる。そうすれば、公平じゃない?」と美姫さんは、僕が話を聞いてもいないのに話し始めた。

今回のは、本気で何を言っているのか分からない。
僕がキョトンとしていると美姫さんが紙に書いて説明してくれた。

f:id:fic-tion:20200808233548p:image

なんか、ちょっと面白そうだ。

「いいんじゃない?」と僕は言う。

美姫さんは、この話をお兄ちゃんにもしていた。

その夜、お父さんが帰ってきてから―――

「こうちゃん、家族会議の形を変えたいんだけど。」と美姫さん。

「どんなふうに?」とお父さんが聞く。

美姫さんは、僕に説明したように説明する。

すると「じゃぁ、手始めに家族会議の方法を変えるというのを議題にしようか。」とお父さんが言いだした。

各々に紙が配られる。

……えっと、

僕は考えながら文を作る。

【今日から/斉藤家で/家族全員が/美姫さんが決めた方法に】と僕は書いた。

あみだがはじまった。

僕の担当は、【誰が】になった。

【いつ】の担当は、おにいちゃん。

【どこで】の担当は、お父さん。

【どうやって】の担当は、美姫さん。

みんなが書いたものをつなげていく。

この世の終わりに月の見える丘で家族全員がワハハと笑いながら、家族会議の形を変える。

になった。

みんなの意見を聞くのは難しい。

おすすめ