ビデオの録画がたまっている事ってあるよね。

ありのママ 第108話

美姫さんvs見たいテレビ?

 

 

朝から美姫さんが新聞を眺めて「あー、忙しい。あー、忙しい。さてどうするか?」とブツブツ言っている。

 

何か面白そうなイベントでも載っていたのかな?

 

僕が「何かあるの?」と聞くと「見て、ショウ。明日のテレビ。面白そうなのばっかりあるんだけど……どうしょう。」と新聞のテレビ欄を指さす。

 

僕のテンションは一気に下がる。

 

「レコーダーに録画すればいいんじゃない?」と僕が言うと「おぉっ。さすが小学生。」と美姫さんは言い、レコーダーに早速予約しようとする。

 

すると「ショウ。ピンチ。レコーダーの空き容量がない。」と美姫さんが言う。

 

僕もレコーダーを確認すると空き容量が無かった。「見たのを消せばいいんじゃないの?」と僕は言い、レコーダーの録画してある番組を見る。

 

美姫さんが録画した番組ばっかりだった。

 

「美姫さんが録画したものしか残ってないよ。」と僕は言い「どれ見た?」と美姫さんに撮ってある番組をひとつずつ聞いていく。

 

「それ見てない。それも見てない。」と言う美姫さん。

 

最初の10番組だけで、聞くのも疲れてきた。だってすべて“見てない”しか返事をしないから。

 

「古いのから見てなくても消すよ。」と僕が言うと「ダメ~。見たくなったらどうするの?!」と美姫さん。

 

「じゃぁ、ブルーレイに落とせばいいんじゃない。」と僕が言うと

 

「そうだね。それが一番いいね。こうちゃん帰ってきたら頼んどく。」と美姫さん。

 

美姫さんは、自称機械音痴だ。僕は、面倒だからお父さんに押し付けてるだけだと思っているけど。

 

ふと美姫さん専用のブルーレイ置き場を見てみると30枚程のダビング済みのブルーレイが置いてある。

 

「美姫さん。ちなみにだけど、ここに置いてあるブルーレイって見たの?」と僕が聞くと「まだ。」と返答する美姫さん。

 

「いつ見るの?」と僕が聞くと「気分がのったらね。」と美姫さん。

 

お父さんが帰ってきてから美姫さんがダビングを頼む。

 

僕は、美姫さんがお風呂に入っているすきに「美姫さん。ダビングしたブルーレイ、全然見てみてないみたいだよ。」とお父さんに報告する。

 

すると「あぁ、知ってるよ。」とお父さん。

 

「じゃぁ、なんでまたダビングするの?。ゴミが増えるだけじゃん。」と僕が言うとお父さんがニヤリとして「ショウ。見てごらん。」とお父さんが、美姫さん専用のブルーレイ置き場のブルーレイを一つ取り出す。

 

「あーっ。容器しかない。」と驚く僕。

 

そこにはブルーレイを入れる容器しかなかった。

 

「どうせ、美姫さん見ないだろう。だから、ダビングはしてないんだ。」とお父さん。

 

さすがお父さん。美姫さんの事、よくわかってる。

 

おしまい

 

ありのママ 目次

www.fic-tion.com