短編小説 ありのママ

ココロに潤いを。

第175話 増vs減

学校から帰るといつものごとく、美姫さんが

「おかえり。ショウ。あのね、聞いて!!」と言ってきた。

僕は心が湖のように広いので

「どうしたの?」と聞いてあげる。

「私、思春期かもしれない!!」と美姫さん。

はあ?意味不明。でも、まだ心の湖の水は池ぐらいあるから「どういう意味?」と聞いてあげる。

「最近ね、今までイライラしなかった事に物凄くイライラしたり、口ひげが今までなかったのに、濃くなった気がするんだよね。体型も変わってきたし。声も低くなってきているような気がする。」と美姫さん。

「それ、思春期じゃなくて更年期。」思わず、本音が出る。

僕の心の湖は、一瞬のうち乾いてしまったようだ。

すると美姫さんが「ショウの方こそ、イライラしちゃって更年期じゃん。」とひとこと。

僕のは、思春期。

おしまい

※この短編小説ありのママは、フィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません

おすすめ