短編小説 ありのママ

これも母の日。

第195話 ぼくんちの母の日

今日は母の日だ。

そう、母の日。

皆さんの家では『お母さんありがとう』だと思う。

僕んちは『お母さんありがとう』だ。

周りの家とは少し違う。

という事で、僕んちは母親から子どもにプレゼントが贈られる。

良子おばあちゃん(美姫さんの母親)から美姫さんにお菓子の詰め合わせが届き、恵美子おばあちゃん(お父さんの母親)からお父さんにお掃除セットが届いた。

お父さんに何でお掃除セットかって? だって、うちではお父さんが家事担当だから、お掃除セットはお父さんが一番喜ぶプレゼントだ。

現にお父さんは大喜び。

美姫さんは食べ物さえ与えとけば問題なしだからね。

僕たちはもらうのかって?

美姫さんはお母さんって言うより美姫さんだからね。でも、何故か毎年プレゼントをくれる。「【母】つながりで、戸籍上の母という事でプレゼントです。」って毎年言っている。意味不明だけど。

今年は、僕は花札を貰った。そろそろ大人の仲間入りらしい。たしなみとして覚えておくといいみたい。

お兄ちゃんは、合格って書いたハチマキ。今年は受験生だからね。

僕んちはお母さんが子どもに【お母さんにしてくれてありがとう】の日なのだ。

※ブックマークをくださった方へ 
私の操作ミスによりブックマークが消えてしまいました。申し訳ありません。

おしまい

おすすめ