【スポンサーリンク】

絵本を読もう【おいしいおやつをくださいな】

おいしいおやつをくださいな

 

 



 

 

福音館書店

さく 大塚 たえこ

え おおの 麻里 

読んであげるなら 4才から

 

あひるが、おやつを探しにあるいているとやぎに会います。

やぎふんわりしているおやつが好きです。あひるやぎはおいしいおやつを探しにいきます。あひるやぎが歩いていると今度はぶたにあいます。

ぶたあまいおやつがすきです。3匹で一緒に探しに行きます。

すると今度はうしに会います。うしまわるいおやつが好きです。

4匹はふんわりしていてあまくてまわるいおいしいおやつがどこにあるのか考えます。

うしがまちにお店というものがあるらしいと言い、4匹はそこを目指します。

 

 

f:id:fic-tion:20190708065708p:plain

 

町につくとまず金物屋でおいしいおやつがないか聞きますが、金物屋にあるまわるいものはフライパンしかありませんでした。

次に粉屋に行きおいしいおやつを聞くとふんわりとできる粉しかありません。

それから乾物屋に行きました。乾物屋でおいしいおやつを聞くと砂糖しかありませんでした。

そしてたまごやにはいります。たまごやでおいしいおやつを聞くとタマゴしかありません。

でもたまごやのおばあさんがおいしいおやつやさんを紹介してくれました。

f:id:fic-tion:20190708070606j:plain

そのお店でおいしいおやつを注文するとホットケーキが出てきました。4匹はよろこんで食べました。でも、このおいしいおやつを食べに町までくるのは大変です。

するとお店のおねえさんがホットケーキの作り方を教えてくれます。4匹は帰りにたまごやたまごをかって乾物屋砂糖を買って、粉屋小麦粉を買って金物屋フライパンを買いました。

あひるが「牛乳がないわ」といいますがうしが「牛乳ならわたしにおまかせよ」と言い、4匹は帰っていきホットケーキを自分たちでつくりました。 




 

 

 

今までの絵本の紹介

ただいま 26作品公開中です。

ブログのコメントではメッセージや質問・その他もろもろ受け付けていますので、気軽にお書きください。時間があるときに必ず返信いたしますのでよろしくです。