小説蔵

One good per day

むかし、むかしある所に普通の男が居た。

どのぐらい昔かといえば、江戸末期ぐらい。

まだみんなが農業を主にしていた頃。

男は、どんなのかって?

まぁ、見た目は普通。中肉中背。年の頃は……20代。

特徴といえば、よく食べる。3つ先の村の住人が知っているぐらい良く食べる。大食い選手権に出たら、日本一?いや、世界一になれるぐらい。

そんなに食べるのに中肉中背。ちょっと羨ましい感じの男だった。

その村には若い男手が無かった。だから、みんながその男に村の期待をかけていた。だから、男の家には食べ物がたくさん集まってきていた。

『若いんだから、食え』それがその村の合言葉のようなものだった。

みんなが食べさせるから、男は更にどんどん食べるようになる。

天候が良い年は、たくさん農作物が取れるから、男に沢山食べさせても問題が無い。問題は、天候の悪いの年だ。

そして、天候の悪い年がやってきた。

採れる農作物がいつもより少ない。でも、男は食べる。村の年寄りは、自分たちは我慢して男にいつもの様に食べ物を持っていっていた。

ドンドン痩せる年寄り。変わらない男。

ある日、ようやく男は気付いた。

村のみんながやせ細っているのを。

男は、ようやく申し訳なく思った。そして、どうすればいいのか考えた。

『みんながコレ以上痩せない為には……』

男は3日3晩寝ずに考えた。考えると糖を消費するのでお腹がいつもより空き、いつもより多く食べながら考えた。

そして、4日目の朝にようやく思いついた。

『自分の食べる量を減らせばいいんだ』

男は、それから1日1膳しか食べなくなった。

胃はみるみるうちに小さくなって、男は1日1膳でも満腹を感じるようになった。

男は、食事を1日1膳にする事により村の人を救ったのだ。

これが、1日1善の由来かもしれません……?

おしまい

おすすめ