fic-tion’s diary フィクションの創作日記

このブログはFact(事実)でありFiction(フィクション)である 日々の生活を深く観察して事実なのか?フィクションなのか?を楽しく発信しています。

【スポンサーリンク】

絵本を読もう ~絵本の紹介⑨~

 

おにはうち

童心社

作・中川 ひろたか

絵・村上 康成  

 

園に遊びたくて来ていたのは、実は【おに】のこ。

【おに】はみんなに自分の正体がバレたくなくて帽子で角を隠し、みんなに【にお】と

名乗り、みんなの仲間にいれてもらいます。その時、園長先生だけが【にお】が鬼と言

うことに気づきます。

その日は節分の日、【にお】は節分が始まると隠れてしまいます。園の子どもたちは

『鬼は外~。』と豆をまきます。園長先生は『いい鬼はうち』と言ってマメをまきまし

た。みんなが不思議がるなか園長先生は『いい鬼もいます。鬼もきっとみんなとあそび

たいでしょう』と言います。

その後、みんなは【にお】とまた一緒に遊びます。

 

おには うち! (ピーマン村の絵本たち)

新品価格
¥1,404から
(2019/5/17 00:10時点)