短編小説 ありのママ

家庭が基準

第159話 お歳暮と年賀状

僕が、つい最近まで勘違いしていた事がある。

美姫さんのせいなんだけど。

それは、お歳暮の話。

12月に入ると僕の家にはおじいちゃんから美姫さんにお歳暮が届く。

僕は美姫さんとお父さんからお歳暮を貰う。

これが当たり前だと思ってたんだ。だって美姫さんが「お歳暮ってのは、一年間お世話になった人に【ありがとうの気持ち】を渡すものだよ。」と言っていたからね。

僕が美姫さんとお父さんに貰うわけは“一年間、可愛さをくれたから”らしい。

そして美姫さんがおじいちゃんに貰うわけも“一年間、可愛さを与えた”かららしい。

だから、僕は12月はクリスマスプレゼントとお歳暮を貰っていたんだ。

年末の話をもう一つ。

美姫さんは、年賀状を絶対に出さない。

毎年、喪中らしい。

「今年はね、庭のアリが亡くなっているのを夏に見たよ。」だってさ。

自分の家の敷地内にいるものはすべて家族らしいよ。

家の中の虫は退治するのにね。*1

家族だったら仲良くしようよ。

おしまい

※この短編小説ありのママは、ほぼフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

おすすめ