第218話 お兄ちゃんvs空気

「ショウ。空気って読めるか?」

家でまったりしていると、お兄ちゃんが、いきなり話しかけてきた。

「うん。まぁ。何となくは…」僕は答える。

「ショウ。スゴいな!!」お兄ちゃんは、歓喜の声をあげる。

「うん。まぁ。何となくだけどね」僕は、苦笑いする。

実際のところ、本当に読めているかはわからない。

「お兄ちゃんは、空気読めないの?」僕も聞いてみる

お兄ちゃんは、首を横に振りながら「全くわからない」と残念そうに言った。

僕は、ニヤリと笑い「お兄ちゃんも美姫さんの特訓受けなきゃだね」と言う。

するとお兄ちゃんは、さっきの歓喜の声よりも甲高い声をあげ

「なに?!母さんって、空気を読めるのか?凄いなぁ」

と目を輝かせる。

「…いや、読めるっていうより作る方」

と僕は苦笑いしながら言う。

「なに?!母さん、空気が作れるのか?!大天才じゃないか!!」と更に目を輝かせるお兄ちゃん。

…いや、凄くない。逆に迷惑。
僕は思う。

「じゃぁさ、今の空気ってどんな感じだ?」と目を輝かせたお兄ちゃん。

ーココの空気ね……

「居心地の良い感じ?」と僕が答える。

すると、お兄ちゃんが「いやいや、そんな事はどうでもいいんだよ。居心地とか自分で決めるし。で、どうなんだ?二酸化炭素が多いのか?それとも窒素の方が多いのか?もしかして、ウイルスまで見えたりするのか?」と食い入る様に僕に聞く。

……ゴメン。そっちの空気は読めないや。

おしまい