ショートショート

タネ

ある惑星を見た神さまが、その惑星の状況を憂いた。

「このままではいけない。」

神さまは、あるタネをその惑星に撒いた。

タネは、その惑星を我が物顔で使う者達に寄生した。

ある者は、人の心に付けこんだ。

ある者は、リーダーの立場ながら自分の事のみを考えた。

ある者は、誰かの癒しになった。

ある者は、自らの正義を振りかざした。

ある者は、誰かの為を思い行動した。

タネは、その惑星を我が物顔で使う者たちの本心を露呈していった。

タネはそのまま火種になるのか、綺麗な花を咲かせるのか

憂いた神さまからの最後のチャンスなのかもしれない。

おすすめ