短編小説 ありのママ

貴方は分かりますか?

第196話 建前vs本音

「ショウ。あのね、人って言うものは【本音】と【建前】を使い分けている生き物なんだよ。」と唐突に美姫さんが言う。

【本音】と【建前】を使い分けている生き物ってどんな生き物なんだよ。

って僕は思う。動物だって【本音】と【建前】を使い分けてると思うと思うんだけど。ほら、『知らぬふりしてパクリ』は絶対に“食べたい”って【本音】と“俺、お前に興味ない”って【建前】を分けて食料を取ってると思っているんだ。

「で?」と僕が言うと

「ではいきま~す。【本音】と【建前】ゲーム」と美姫さんが言いだした。

また、意味が分からないゲームが始まった。

「どんなゲーム?」と僕は聞いてみる。

「私が言った言葉が【本音】か【建前】かを当てるゲームです。」と美姫さん。

まず、美姫さんが【建前】って言えるの?【本音】で生きてる生き物なのに。

「あぁ~。今日はいい天気。」と美姫さん。

はぁ?外、雨が降っていますけど………。

「【建前】」と僕が言うと

「ピンポーン!」と美姫さん。

そんなの幼稚園児でも分かるわ。

「ショウってさ、イケて無いよね。」と美姫さん。

はぁ?なんだそれ。

「【本音】」と僕が言う

「ブブブー。【建前】でした。私がショウがイケてないなんて言うわけないじゃん。」と美姫さんはすこしムスッとした様子。

分かってる。分かっているけど……ね。

「私は眠ーい。」と美姫さん。

「【本音】」と僕が言う。

「おぉっ。ピンポーンです。」と美姫さん。

そして「ショウ、流石だね。」と続け「じゃぁ、もう飽きたから寝るね。ショウは【本音】と【建前】の違いの分かる男だね。」と言い、寝た。

僕は、お母さんから人生に大切な事を教えてもらった【建前】。

おしまい

おすすめ